<   2004年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

那覇マラソンの受付カード、遂に届く!!

「あたい、申し込んだつもりだったけど申し込めてなかったの・・・?」と
不安になりながら待っていた那覇マラソンの受付カードがやっと届きました!

ナンバーは12000番台・・・
初参加初フルにしてはいいのか?悪いのか謎。

だけど「走るあなたが主役です」と言われたからには頑張ってきます!
[PR]
by hanahana_81 | 2004-11-29 22:28 | なはマラソン 2004

兄カップル、西表島で沈みかける。

うちの兄(以後カツオ)と兄の彼女(以後花沢さん)も私同様、沖縄好き。
特に八重山など離島にはまっているようです。
いきなり電話がきて「あ、ワカメ?今、俺ら石垣島なんだけど
みやげ何がいい?」という事もしばしば。

そんなカツオと花沢さんの旅行は、基本的に節約旅行らしいのですが
節約ゆえに時折やばい体験もするようで。
b0062249_22351771.jpg
カツオ達が西表島北部の船浦湾に注ぐ、
ピナイサーラの滝に行った時のこと。
ガイドつきのカヤック&トレッキングツアーに参加するのが普通らしいのですが
ツアーの参加料金は一万前後する。
「う~ん・・・ちょっと高いな」と思いつつ
ガイドブックを見るカツオ&花沢さん。
すると、そこには「時間はかかるが、自力で歩いていく事も可能」の文字が!

「歩いていけるんだったら、歩きでいくしかなかんべぇ~!!」ということで、
自力で歩いていくことに決定したカツオ&花沢さん。

ルートとしては、海岸沿いの道路からマングローブの森のフチを歩き、
滝壷もしくは滝の上に。滝壷までの場合、往復5時間のコースを二人でテクテク・・・。
兄いわく「長かったけど楽しかった」とのこと。

しかし地獄はこれからだった・・・

無事ピナイサーラの滝に到着し、持参したオニギリなど食しつつ
絶景を楽しんでると、横にガイドさん付きのエコツアーの方々が。
心の中で「俺らタダでこれたんだぜ♪」とやや調子にのるカツオら。
しかし、次のガイドさんのお客さんたちに対する言葉を聞いた瞬間、真っ青に!!

(カツオらが歩いてきたマングローブの森のふちを指差しながら)
「あそこら辺ねぇ~、もうちょっとで満潮になると、全部 し ず む か ら。」

沈む = 帰れない

大急ぎで、荷物をまとめ下山。滝の滞在時間、約10分

帰っている途中は、ガイドさんの予言どおり、どんどん潮が満ち始め
最後には胸のあたりまでつかる始末だったそうな。
しかも花沢さん、じつはカナヅチだったらしく「本気で命の危険をかんじた」と。

「危うく西表に沈むところだったよ~。」と二人してニコニコしながら言ってましたが、
私は、自分が行く時は絶対ガイドつきのツアーにしようと心に決めました。

 沈みたくねーもん!!!
[PR]
by hanahana_81 | 2004-11-28 23:02 | 愛しの沖縄っちょ

沖縄ふわふわん天ぷらを食すin奥武島

奥武島(おうじま)っていう、本島から橋で渡れる離島があって、
そこの天ぷらはうまいって評判だよ~」と首里の友達に言われ、行ってみました!

「天ぷら」というと、普通はさくっと揚げた衣に
天ツユをつけていただくってのを思い浮かべますよね。
b0062249_2328576.jpg
沖縄の天ぷらはちょっと違ってて、
衣は厚くふんわりでフリッターぽい
しかも、ソースをつけて食す!
塩で味付けもされてるらしいけど。
おかずというよりおやつみたいな存在らしいね。

おやつ、という事は当然値段は安い!!
だいたい一個数十円単位。ほんとに駄菓子感覚だぃね。

さて、友達に連れられていったのは、玉城村南東にある
奥武島の天ぷら屋さん「中本鮮魚店」です。
橋を渡ってすぐなので誰にでも見つけられると思う。
メニューは野菜、イカ、モズク、芋などなど。値段は大体40円!

b0062249_2345185.jpg
私はイカとモズク、イモを食べたんだけどイカが柔らかくって一番好きだった
ただ、モズクの天ぷら っつーのも
内地じゃなかなか食べらんないから
いいかもしんまーい。



そんでもって驚いたのが、高齢者のデイサービスの送迎車が
天ぷら店に横づけされてて、かつそれに乗ってるおじい&おばあが
普通に何個も天ぷら注文して、食べてたこと・・・。

どーみても80超えてて車椅子にのってるようなおじいなのに
天ぷら山盛り持って、しかも食べてんですけどーっ!!

        胃もたれしないのですか・・・?
[PR]
by hanahana_81 | 2004-11-27 23:58 | 愛しの沖縄っちょ

オキナワン・カフェ…花人逢で絶景と共にピザを喰らう

沖縄には数々の絶景ポイントがあり、またそれを生かしたあまたのカフェが存在します。
今回はその中でも地元の人に「夕日の沈む頃に絶対行って!!」
すごい勢いで薦められた、ピザ喫茶『花人逢(かじんほう)』を紹介。

本島北部・本部半島にある『花人逢』なのですが
このお店、非常に道がわかりにくい。まさに隠れ家
薦めてくれた方が、地図に印をつけてくれたんだけど
すんごい大まかに○がついててどこだかわからない

一応「ピザうまい。夕日最高」と一口メモが書いてあるんですけど
既に口頭で言ってましたから、知ってます…。
道をぐるんぐるん迷い「夕日、ちょっとタンマ」と叫びながら、やっとの思いで到着。

結論からいうと・・・・ささささささささささ 最 高 !!
b0062249_1115735.jpg
まず景色がいい!
眼下には伊江島などの島々が浮かぶ東シナ海が広がり、
周りには緑あふれる山々。
山と海、二つの自然のすばらしさを堪能!

オススメどおり夕日の沈む頃いったので、海が紺碧からオレンジ、紅へと
変わりいくさまは一本のいい映画をみてるようだった。
思わず「お店開いてくれてありがとう」と感謝したくなるほど。

b0062249_1135348.jpgそんでもって料理がうまい!
奇抜なトッピングではないんだけども、
やんばるの湧き水を使って作られた
厚めかつサクサクのピザ生地と
とろとろ濃厚チーズそしてソースが
うまい具合にマッチしてる。
サラダもドレッシングがすごく美味しかった!
                       ボリュームも満点で、ピザは小で十分の大きさ。
b0062249_243467.jpg
そしてお店の雰囲気がいい!
店員さんは親切で、ひざ掛け貸し出しなど
気配りもきいてます!
また、ピザ喫茶なのに琉球家屋で
古伊万里の器ってのが素敵。
ところどころに小さなシーサーや花々が飾ってあって
非常に和みました。


地元の人が、酔っ払いながらも熱く薦めてくれた店だけあって
本当に大満足の結果となりました。ぜひまた行きたい・・・!

日曜や夕暮れ時は非常に混むらしいのでご注意を。
沖縄でピザぁ~!?といわず、絶景とともに大いに喰らってほしいものです。
b0062249_1313976.gif

[PR]
by hanahana_81 | 2004-11-26 02:11 | 愛しの沖縄っちょ

那覇マラソンにむけて練習したぞう

今日は、仕事が休みだったので長めのジョグをしてみました。
体は動かしてたけど、走るのは久しぶり。

う~ん 木の葉も色づいて夕焼けも綺麗だし、いいねっ!!

って・・・ 20分で止めたくなった・・・

なんか 走るのに飽きた・・・

しかし、そんな事いってる場合ではないので
エイドの事やゴールの時とるポーズとか考えて、
自分を騙しだまし走りました。
なんだかんだで40分過ぎるとちょっと楽になった。

走った時間は100分だから、最低10キロはいったはず!

だけどさー なーんか右ヒザが痛む。

走ってて左ヒザが痛む事はあっても、右ヒザは大丈夫だったのに。
本番には、ヒザ保護テープでも持っていこうかな?
那覇はアップダウンが激しいっていうし不安です。

でも、ヒザが痛む理由について思いあたるふしが一つ。

最近、毎日スクワット200回してた・・・。

職場にジム好きの先輩がいて、その先輩が教えてくれたやつ。
足を左右にずらし、座り込んで3回身体を上下に軽くバウンドさせてから
えいっと立ち上がるやつなんだけど、なんか楽しいんです。
しかも、そのスクワット職場で流行を呼んで
つい 勤務中の空き時間にも廊下を移動中にもトイレの個室でも
やってしまうんです・・・ 
私だけじゃない、何だかんだで若手は皆やっている!

やっぱりヒザに負担だったのかしらん。
でも  でも でも  たのしーよー

て事で、一応今日は60回に減らしときました。
に・・・200回やりてぇ~~~
[PR]
by hanahana_81 | 2004-11-23 22:05 | なはマラソン 2004

那覇マラソンまであと13日・・・!!

やばいよやばいよ~!!(出川のてっちゃん風に)
NAHAマラソンまで、2週間をきってしまいました・・・。んあ~ ≡3
42.195キロが、ひたひたと私の背後にせまってきています!

そこで今回はこれまでの練習の経過を、
一応記録してみることにしましたー。

3月下旬 ダイエット目的で走り始める。
       今よりも少し速めのペースで30分くらい。

4月    早くも仕事疲れなどが重なり、走らなくなる。

5月    あまりの体重増加っぷりに耐えられず、また走り始める。

6月    家の近所にスポーツセンターがある事を知り、通い始める。
       プールやエアロバイクなどを楽しむように。

7月    スポーツセンターの年会員になる。
       走るのよりも、プールで泳ぐことにはまる。
       そして、プールの中で何故か鼻血ブーし、
       おじさん方に心配される。

8月    ランニングマシン→エアロバイク→プールの順で回る、
       一人逆ミニトライアスロンにはまる。
       ランナーズを読んで、エイドの豊富さに食い意地が負け、
       那覇マラソンにエントリーしてしまう。

9月    涼しくなってきたので、気持ちよく1時間半jogなどしていた。

10月   なぜか突然の燃えつき。 以前ほど走ったりしなくなる・・・

11月   ハーフマラソンに挑戦。予想以上にきつく、死にそうになる。
       とりあえず、自分塩作成には成功!!


今までの経過はこんな感じです・・・。
う~ん    我ながら

    完走  難しい・・・ のでは??

って匂いがプンプンします!!特に10月にいったん燃え尽きたのが痛そう。

とはいっても大会の日は、近づいてきます。
も~ここまできたら やるしかねぇ~べ!!!!!
b0062249_2312418.jpg

琉球ガラスでできた、綺麗な完走メダル・・・ほしいやぃね!!
[PR]
by hanahana_81 | 2004-11-22 23:15 | なはマラソン 2004

ぢるぢる山羊汁

ハイジの可愛いお友達といえば、子やぎのユキちゃん。
ですが、沖縄で山羊といえば「美味しくいただくもの」らしい。

b0062249_22162648.jpg
代表的な山羊料理としては、
肉や内臓・骨までグツグツ煮込んだ
山羊汁玉ちゃんの刺身
などがあげられるそう。
昔から、家の新築などお祝い事の時に食べたりスタミナ食として食べていたとか。
そんな、伝統ある素晴らしい料理なのですが・・・

山羊、死にそうに臭いらしい
山羊汁に関する資料を見ると、どれも必ず匂いについてふれている・・・。



「沖縄の人でも匂いが駄目で食べられない人もいる」
「息も、次の日の尿もケモノくさくなる」

そんなこと言われたら・・・言われたら・・・
b0062249_22325711.jpg
余計食べたくなるじゃな~~い♪♪

そう、私は食に関しては
かなりの積極派。
ハードルが高い伝統食とくれば、
食べないわけにはいかぬ。

しかし、当分沖縄に行く予定は
無かったので、仕方なく
近所の沖縄物産店でオキハムのレトルト山羊汁を購入!b0062249_228729.jpg

「今から山羊汁に挑戦するよん♪」と沖縄出身の友達にメールすると
『小渕さんは、山羊汁食べたら
血圧上がりすぎて死んだんだよ!』

と、群馬出身の私にはキツイ都市伝説をかましてくれた・・・。
とりあえず、『んな訳ねぇ~べ』と一蹴し、レトルトパックを温め、開封・・・!!

く    さ   い 

と思いきや、あら不思議

 全 然 い け る が な  ~ ♪

確かに、やや下駄箱めいた匂いがしないでもないけど、
余裕なんですけど・・・しかも味もこってりしててうまいんですけど~♪♪

てな訳で初めての山羊汁は余裕でした。

でもレトルトだから、実際の本場物よりかなりマイルドに作られていたのでしょう。
今度の那覇マラソン時にはぜひ、本場の新鮮な山羊料理に挑戦してみたい!!
新鮮なタマタマの刺身も食べたい!! 
可愛い山羊っちを、しかと堪能してくる所存であります!!

だけど、マラソン走った後にたべたら、本当に血管きれちゃうかもなぁ・・・(´3`)
[PR]
by hanahana_81 | 2004-11-21 22:37 | 愛しの沖縄っちょ

那覇マラソン、チケットとったど~!!

やっとやっと那覇にむけての宿と航空券の手配が済みました。

那覇マラソンにでよう!と決めたのは7月だったのに
行動、おっせ~よ!!と自分自身に喝をいれたい気持ちです。

下調べはしてたんですよ。
ただ、同行する友達の都合がはっきりしなくて・・・って
自分で書いててもめちゃめちゃ言い訳くさいなあ。

しかし、昨日(11/18)昼に問い合わせした時点では
まだ空きがあったパックツアーが、今日の昼に電話したら
もう満席になっていて、すんげ~あせった!

最悪、行けないかもしんまいと思った。
結局三社ほど問い合わせして、空きを見つけることができました~♪
えがったえがった。

しかし、旅行会社の人からも言われたんだけど、
那覇マラソンの影響で 那覇周辺のホテルはほぼ満杯 らしいです
きちきちだってよ、奥さん!
やっぱり半端なく大きい大会だという事が身に染みてわかりました。
b0062249_2148416.jpg

こんなに人がいりゃ~、そりゃ満杯にもなりますわな。

即効で料金も払い込んだし、これでひとまず安心だあ~ =3
あとは、 走りきれるかどうか だけ。
ってそれが一番大事(MANブラザーズバンド ← 言ってみたかった・・・)なんですけど。
[PR]
by hanahana_81 | 2004-11-19 21:50 | なはマラソン 2004

豚さまに敬礼!!



それは沖縄料理にとって欠かせない、偉大な存在。

耳はミミガ-に、手足はテビチに、内臓は中味汁に。
その他にもスーチカーやラフテー、ソーキの煮付けに
果てにはポーク卵まで。

豚 豚 豚 豚 ぶーぶーちゃんです!!
b0062249_239066.jpg


沖縄料理屋でバイトをして、下ごしらえを手伝ったりするうちに
ますます豚への畏敬の念を深めていきました。

手足や肉だけでなく、耳まで美味いとは!!
他のバイト生が嫌がる、中味汁の仕込みである内臓の手洗いも
「ハイ、よろこんで~!!」 (某居酒屋風に)
とばかりにやりました、いやむしろやらせて戴きました。
「おいしくな~れ♪おいしくな~れ♪」
(こちらは長井秀和が真似するさとう珠緒風に)

と、念じながら・・・。

豚の役立ちっぷり、オールマイティぶりに、同じ生き物として、
「こいつ、ただもんじゃねぇ・・・」と敬意を払わずにはいられなかった のです。

だからこそ、ラフテーを「あたし、脂身きら~い」とか言って
分離させて食べていた友人を見たときには、そりゃ~もう怒髪天をつく思いでした。

『とろける脂身とこってりと味が染み込んだ赤身の調和を
楽しまずして何が「ラフテー食った」じゃい!!!!』
と、かなり本気で怒った。 

だって、赤身肉部だけ食ってなんの意味があるというのですか?
あの脂身との調和から生まれる、濃厚なとろけを味わう瞬間こそが
ラフテーを食べる意味であり、至福の時ではないのですか?
第一、きちんとしたラフテーは、仕込み段階で幾度となく茹でこぼしが行われているので
脂身といっても、余計なものが削ぎ落とされた、神々しいまでの脂身なのです!
b0062249_23574564.jpg

それを分離させて残すとは、この不届き者が!
ラフテーを作った店主さんに、そして
豚さんに謝れ~!!!

と怒りまくりでしたが、結局その友人も頑固に拒み続けたので
私が脂身部だけで戴きました。

正直、ちょっと脂身だけはきつかった・・・。

やっぱ何でもバランスが大事ですね・・・。

まぁ、とにかく豚さんは偉大なのです。
だからこそ、豚肉料理をいただく時は常に「美味しくいただきますよ!」という
気合と感謝の念を忘れずにいたいと思います。
[PR]
by hanahana_81 | 2004-11-19 00:10 | 愛しの沖縄っちょ

タコライス 胃拡張 自主錬。

最近は、お弁当チェーンのほっかほか亭でも
メニューになるほどのメジャーっぷりをみせるタコライス

すごい簡単にいうと、タコスの具をどーんとご飯の上に
のっけたものがタコライスっす。
b0062249_23585781.jpg


写真は金武町などにあるKING TACOSのタコライスチーズ野菜。
よくは覚えてないんだけど、この店にはタコライスチーズとかタコチキンライスとか
色々微妙にちがうメニューがあって、いわゆる一般的なタコライス完成形が
この「タコライスチーズ野菜」て聞いた気が・・・。
ちなみに沖縄の友達は店の事を「キンタコ」って言ってました。言いやすいやぃね。

初めていった時は、女3人でタコス(4個1セット)と、
タコライスチーズ野菜1つを頼んだんだけど

「・・・山ですか?」

と聞きたくなるほどの量の多さ。

スプーンを入れて食べたくても、てんこもり過ぎて
ミートが トマトが レタスが チーズが
ぼろぼろぼろぼろ崩れおちる。

結局ティッシュを山ほど使って食べきりました。
最後の方やや無言になりましたが、しっかし美味かった!!
具材およびソースのハーモニーがまじたまらんでした。

量の多さにお腹パンパンになった私達を尻目に
昼休み?にササッとやってきて、タコライスチーズ野菜大盛りを
平らげていったあんちゃん、見事でした。

観光客のおなご三人を横にしてちょっと張りきったんでは・・・
思うのはあまりにも意地の悪い見方かねぇ~。きっと日頃から食べてるんでしょう。
でも、毎日あんな沢山食ってたら絶対ドロドロの血になる!!
「あんた・・・後でウーロン茶のんでバランスとろうったって無駄だよ・・・」と
心のなかで、おせっかいばーさんになる私。

とは言いつつも、私も家でレトルトのキットを使って、しばしば
タコライスを作るのですが、その際には「山」になるよう心がけています。

たまに、こっちの沖縄料理屋とかでタコライスを頼むと、山どころか
丘にもならない量のやつが運ばれて来たりしますが、その時には
「っ・・・ふざけないでよぉぉぉぉぉぉ!!!!!」
突如青木さやか化して叫びたくなります。そういうのに限って味もよろしくない。

やっぱり、最初見たときの衝撃および口に入れた時の感動を
タコライスとして出すからには味あわせて欲しい。
あんなのでタコライスと名乗わされた物体がむしろ可哀想です!

そんな事をごちゃごちゃ思いながら、自作の山タコライスを食べて
キンタコ再訪に向け、日々自主錬を積むhanaなのでした。
[PR]
by hanahana_81 | 2004-11-18 00:42 | 愛しの沖縄っちょ