カテゴリ:愛しの沖縄っちょ( 14 )

もうすぐ旅に出る。

もうすぐバースデー割引を利用しての、八重山一人旅にでかけます。
竹富、小浜、石垣と回って、那覇に寄って・・・という日程。

思い起こせば21歳の時、初めてバースデー割引を利用して
初めて自分でチケットや宿を手配して、初めて八重山に行ったのでした。

たしか初めてのときは、羽田発6:30くらいの直行便に乗るのに、
前日から誕生日祝いでとにかく飲んでいて、そのままオールして
始発電車に乗り込み旅立ちました。若かった・・・。
(酔っ払ったまま急いで準備したので忘れ物が多くて、石垣島で
日焼け止めやらシャンプーやら買い込んだ記憶が・・・)

朝には友達と飲んだくれていたのに、
昼には竹富島でそばをすすっている自分自身を、
なんだか不思議に思ったものでした。

b0062249_22505262.jpg


あれから何回も八重山に旅してるけど、あの時の感動は
まったく薄れることなく、ずっとずっと私の胸の中にあります。
なんだか、キラキラしていて温かくて、優しい大切な思い出なのです。

多分、あの時の思い出があるから、竹富島があるから、八重山があるから・・・
「辛くて耐えられなくなって、本当に自分が壊れそうになったら
あの島にいけばいい」と思えて、大抵のことは我慢できるんだと思います。
逃げ場所があるから、踏ん張れることもあるんですね。


支えであり、避難場所であり、お守りのような存在の島たちに今年も会ってきます。
[PR]
by hanahana_81 | 2006-06-16 22:31 | 愛しの沖縄っちょ

島からのごちそう。


b0062249_21442487.jpg
                
                   あの島からのおくりもの
  
                 なぜかそのことだけでも
 
               うれしい と 美味しい が 増していく
      

More
[PR]
by hanahana_81 | 2006-05-19 23:34 | 愛しの沖縄っちょ

吉祥寺 沖縄料理屋 「南ぬニライカナイ」

昨日から今日にかけて、東京に遊びに行ってまいりました。
まず、新宿で職場の人たちと呑み、そこから別れて
吉祥寺で大学時代の友人とまた呑み。

一軒目で結構呑んで食べてたので、二件目は軽くしようと思って
ふらふらと吉祥寺の町を歩いていたのですが、
そこで発見したのが泡盛と沖縄料理の店「南ぬニライカナイ」

吉祥寺の友人が沖縄出身ということもあり?二軒目はそこに決定!!
地下一階のお店の戸をあけると・・・・ザ・沖縄料理屋という感じの
活気あふれる、ゴチャ可愛い世界がひろがっていました~!

b0062249_2255248.jpgにぎやかであたたかいムードの店内
b0062249_22555366.jpg





流木をつかったインテリアが可愛い★


さて、食事はというと、お腹も膨れていたのであまり食べてはいないのですが、
ふーチャンプルーとゆし豆腐、黒糖ぜんざいを食べました。
どれも沖縄出身の子が納得するくらい、美味でした!
ちょっと量は少ないかなー?とは思うものの、麩もふかふかしてたし
ゆし豆腐もとろとろで合格です。
とくに黒糖ぜんざい!!アイスがうんまかった!!
b0062249_2344734.gif

お酒も、ニライカナイというオリジナルカクテルを飲みましたが、
綺麗で呑みやすくよかったですよ♪
b0062249_2373971.jpg


店員さんも皆フレンドリーで、三線を弾かせてもらったりして楽しかったです。
毎週火曜はノーチャージの三線ライブがあるんですけどぉ・・・と誘われたけど
群馬なので行けなくて残念!!

こういうお店がある東京ってやっぱり恵まれてるよなぁ・・・
電車が遅くまであるから普通に呑んで帰れるし・・・と
図らずも、改めて都会の利点を感じたはなでした。

沖縄が恋しくなったらふらぁっと寄りたくなる、心のオアシス的お店ですね!
きっと近所に住んでいたら、月2くらいのペースで飲みに行ってたと思いますよー。
[PR]
by hanahana_81 | 2006-02-03 23:11 | 愛しの沖縄っちょ

タコライスさくせーい

今朝のご飯は、タコライスを作ってみた。
b0062249_239418.jpg

オキハムのレトルト使用だけど…。
しかも賞味期限去年の11月で切れてるけど・・・。

まぁまぁうんまかったし、腹も壊してないので良しとしよう!!
[PR]
by hanahana_81 | 2005-04-16 23:09 | 愛しの沖縄っちょ

迷う迷う。。。沖縄旅費浮かせ計算$$

沖縄に行くのに、最も頭を悩ませるのが旅費。
本島にいく場合は、パッケージツアーで行く方が自分で航空券を手配するよりも
何倍も安かったりするので、ほとんどパックツアーで行っちゃいます。
(1泊〇日とかで、レンタカーオプションでつけたりして自由に回る♪)

しかし、八重山地方に行く時は悩みに悩む。
パックツアーで行ったほうが安いか、それともバーゲンチケットを取るか??

私は、離島の民宿に泊まってまったりしたい。
でも航空券のみで手配すると高い。
だけどパックツアーだと、「石垣ビジホ1泊〇日」になるから
必ずホテルに1泊はしなきゃだから、時間がもったいない・・・でも安い・・・
しかし、よく見ないと発着便指定料金が別にかかったりして、
なんだかんだ高くなったりする・・・ξξ

と、色んなサイトをみては、あーだこーだと頭を抱えているんです。
特に八重山は行くのに頭を使う。

今回も6月に竹富&波照間1人旅を予定してるのですが、
また頭抱えてる・・・。
バースデー割引が使える時期なんだけど、チケットとれるか?とか、
石垣発羽田着の便の時間早過ぎだよ~乗り継ぎする?とか。

だけど何だかんだでこうやって計画たてているのが、結構楽しい♪
「遠足は、ドアノブを握って、『ただいま』をいうまで!」と小学校の時に言われてた。
じゃ~、行く方法を考えあぐねている、その瞬間からもう旅は始まっているとも言えるよね。
もっともっと考えあぐねて、楽しむんべぇー!!とおもう、はなでした。
[PR]
by hanahana_81 | 2005-04-15 23:06 | 愛しの沖縄っちょ

ポロンコロン☆パール☆快可立(Quickly)

那覇にいくと必ず飲むものがある。
それは、ゴーヤジュースでもヤギミルクでもない。
もちろん「ミキ」でもない。
台湾生まれの快可立(Quickly)…クィクリーである!
b0062249_2137446.jpg


ジュースやシェイク・ミルクティーの中に、でっかいブラックタピオカが
ごろんごろんと入っていて、上から太いストローをぶっ刺して飲むんだけど
これがまた美味いんだな~。モチモチしててほのかに甘いの♪

クィクリーには友達三人で行った2001年9月の沖縄旅行で出会った。
国際通り県庁寄りにある、クィクリー沖縄本店で三人で飲んでハマッたのさ。
その旅行は、最終日に台風に当って帰りが延びたんだけど
クィクリーにハマッた私達は「これでクィクリーがもう1日飲める♪♪」と喜んだ。
それぐらい夢中になったのです・・・
(しかも他の店が台風休業だったのにクィクリーったら、しっかり営業してた)

横浜中華街とか路上カフェの一部でも「タピオカミルクティー」として似たようなのはある。
ですが,クィクリーとの違いはブラックタピオカのモチモチ度が高いのと幅広いフレーバー。
クィクリーはミルクティーだけじゃなく、紅芋シェイクや緑豆シェイク、果ては美容酢にまで
ブラックタピオカを入れられるのですよ●●●ごろろん。

三人して台風にも負けず、ちゅーちゅー吸ってご満悦でした。

最近は、沖縄だけではなく、池袋や高田馬場、福岡にもどんどん出店してるみたい。
でも何となく、私にとってクィクリーは那覇の国際通りのベンチで飲むのが
一番しっくりくるなぁ・・・ごろん●●●

[PR]
by hanahana_81 | 2005-04-13 21:37 | 愛しの沖縄っちょ

おでん屋えっちゃん♪那覇・桜坂♪

あなたは「鍵のかかっているおでん屋」を知ってますか?

店の戸に鍵がかかってるなんて・・・。
それ、ただの閉店じゃね~かっ!!と突っ込みたくなりますが、違うのです。
それは、女一人でおでん屋を切り盛りする悦ちゃんの自衛策。
「変なお客がきたら怖いでしょ~ぉ」とのんびり語ってくれましたが
この悦ちゃん、かなりの美人さん。
きっと那覇・桜坂でおでん屋をやるうちには色々危ない経験もしたのかな。
それにしても、店の戸に鍵をかけて、酔って危なそうな客は
「開けない!入れない!食べさせない!」なんてかなり思いきった策だ・・・。
まるで桜坂における白雪姫のような存在、おでん屋えっちゃん

そんな悦ちゃんちでたべるおでんは、また「何年煮込んでるの??」と
思わず聞きたくなるほどの味くーたー具合美味
b0062249_2281837.jpg


「てびち(豚足)はうちな~の人でも嫌う人が多くてねぇ・・・」と
えっちゃんは愚痴をこぼしていたが、
私に言わせればこんなに美味いとろけるてびちを食べれない人は、
人生のうち5%くらいは損をしているのでは!??
微妙な数字ですが・・・)

そんなエッちゃんは那覇国際通り近く・桜坂の入口あたりにポツンと
地味かつ怪しげなピンクの看板を出して営業中です。
入る時には、なるべく素直そうな顔をしてやさしくドアをノックして下さい。
えっちゃんを怖がらせぬよう、やさしく紳士的に。
[PR]
by hanahana_81 | 2005-02-06 22:08 | 愛しの沖縄っちょ

兄カップル、西表島で沈みかける。

うちの兄(以後カツオ)と兄の彼女(以後花沢さん)も私同様、沖縄好き。
特に八重山など離島にはまっているようです。
いきなり電話がきて「あ、ワカメ?今、俺ら石垣島なんだけど
みやげ何がいい?」という事もしばしば。

そんなカツオと花沢さんの旅行は、基本的に節約旅行らしいのですが
節約ゆえに時折やばい体験もするようで。
b0062249_22351771.jpg
カツオ達が西表島北部の船浦湾に注ぐ、
ピナイサーラの滝に行った時のこと。
ガイドつきのカヤック&トレッキングツアーに参加するのが普通らしいのですが
ツアーの参加料金は一万前後する。
「う~ん・・・ちょっと高いな」と思いつつ
ガイドブックを見るカツオ&花沢さん。
すると、そこには「時間はかかるが、自力で歩いていく事も可能」の文字が!

「歩いていけるんだったら、歩きでいくしかなかんべぇ~!!」ということで、
自力で歩いていくことに決定したカツオ&花沢さん。

ルートとしては、海岸沿いの道路からマングローブの森のフチを歩き、
滝壷もしくは滝の上に。滝壷までの場合、往復5時間のコースを二人でテクテク・・・。
兄いわく「長かったけど楽しかった」とのこと。

しかし地獄はこれからだった・・・

無事ピナイサーラの滝に到着し、持参したオニギリなど食しつつ
絶景を楽しんでると、横にガイドさん付きのエコツアーの方々が。
心の中で「俺らタダでこれたんだぜ♪」とやや調子にのるカツオら。
しかし、次のガイドさんのお客さんたちに対する言葉を聞いた瞬間、真っ青に!!

(カツオらが歩いてきたマングローブの森のふちを指差しながら)
「あそこら辺ねぇ~、もうちょっとで満潮になると、全部 し ず む か ら。」

沈む = 帰れない

大急ぎで、荷物をまとめ下山。滝の滞在時間、約10分

帰っている途中は、ガイドさんの予言どおり、どんどん潮が満ち始め
最後には胸のあたりまでつかる始末だったそうな。
しかも花沢さん、じつはカナヅチだったらしく「本気で命の危険をかんじた」と。

「危うく西表に沈むところだったよ~。」と二人してニコニコしながら言ってましたが、
私は、自分が行く時は絶対ガイドつきのツアーにしようと心に決めました。

 沈みたくねーもん!!!
[PR]
by hanahana_81 | 2004-11-28 23:02 | 愛しの沖縄っちょ

沖縄ふわふわん天ぷらを食すin奥武島

奥武島(おうじま)っていう、本島から橋で渡れる離島があって、
そこの天ぷらはうまいって評判だよ~」と首里の友達に言われ、行ってみました!

「天ぷら」というと、普通はさくっと揚げた衣に
天ツユをつけていただくってのを思い浮かべますよね。
b0062249_2328576.jpg
沖縄の天ぷらはちょっと違ってて、
衣は厚くふんわりでフリッターぽい
しかも、ソースをつけて食す!
塩で味付けもされてるらしいけど。
おかずというよりおやつみたいな存在らしいね。

おやつ、という事は当然値段は安い!!
だいたい一個数十円単位。ほんとに駄菓子感覚だぃね。

さて、友達に連れられていったのは、玉城村南東にある
奥武島の天ぷら屋さん「中本鮮魚店」です。
橋を渡ってすぐなので誰にでも見つけられると思う。
メニューは野菜、イカ、モズク、芋などなど。値段は大体40円!

b0062249_2345185.jpg
私はイカとモズク、イモを食べたんだけどイカが柔らかくって一番好きだった
ただ、モズクの天ぷら っつーのも
内地じゃなかなか食べらんないから
いいかもしんまーい。



そんでもって驚いたのが、高齢者のデイサービスの送迎車が
天ぷら店に横づけされてて、かつそれに乗ってるおじい&おばあが
普通に何個も天ぷら注文して、食べてたこと・・・。

どーみても80超えてて車椅子にのってるようなおじいなのに
天ぷら山盛り持って、しかも食べてんですけどーっ!!

        胃もたれしないのですか・・・?
[PR]
by hanahana_81 | 2004-11-27 23:58 | 愛しの沖縄っちょ

オキナワン・カフェ…花人逢で絶景と共にピザを喰らう

沖縄には数々の絶景ポイントがあり、またそれを生かしたあまたのカフェが存在します。
今回はその中でも地元の人に「夕日の沈む頃に絶対行って!!」
すごい勢いで薦められた、ピザ喫茶『花人逢(かじんほう)』を紹介。

本島北部・本部半島にある『花人逢』なのですが
このお店、非常に道がわかりにくい。まさに隠れ家
薦めてくれた方が、地図に印をつけてくれたんだけど
すんごい大まかに○がついててどこだかわからない

一応「ピザうまい。夕日最高」と一口メモが書いてあるんですけど
既に口頭で言ってましたから、知ってます…。
道をぐるんぐるん迷い「夕日、ちょっとタンマ」と叫びながら、やっとの思いで到着。

結論からいうと・・・・ささささささささささ 最 高 !!
b0062249_1115735.jpg
まず景色がいい!
眼下には伊江島などの島々が浮かぶ東シナ海が広がり、
周りには緑あふれる山々。
山と海、二つの自然のすばらしさを堪能!

オススメどおり夕日の沈む頃いったので、海が紺碧からオレンジ、紅へと
変わりいくさまは一本のいい映画をみてるようだった。
思わず「お店開いてくれてありがとう」と感謝したくなるほど。

b0062249_1135348.jpgそんでもって料理がうまい!
奇抜なトッピングではないんだけども、
やんばるの湧き水を使って作られた
厚めかつサクサクのピザ生地と
とろとろ濃厚チーズそしてソースが
うまい具合にマッチしてる。
サラダもドレッシングがすごく美味しかった!
                       ボリュームも満点で、ピザは小で十分の大きさ。
b0062249_243467.jpg
そしてお店の雰囲気がいい!
店員さんは親切で、ひざ掛け貸し出しなど
気配りもきいてます!
また、ピザ喫茶なのに琉球家屋で
古伊万里の器ってのが素敵。
ところどころに小さなシーサーや花々が飾ってあって
非常に和みました。


地元の人が、酔っ払いながらも熱く薦めてくれた店だけあって
本当に大満足の結果となりました。ぜひまた行きたい・・・!

日曜や夕暮れ時は非常に混むらしいのでご注意を。
沖縄でピザぁ~!?といわず、絶景とともに大いに喰らってほしいものです。
b0062249_1313976.gif

[PR]
by hanahana_81 | 2004-11-26 02:11 | 愛しの沖縄っちょ